北総,10月28日にダイヤを一部修正

北総鉄道7500形

北総鉄道では,2017(平成29)年10月28日(土)にダイヤの一部修正を実施すると発表した.
 今回は,一部列車の運転時刻の変更による接続改善および,一部回送列車(印西牧の原—印旛日本医大間)を営業運転することで,京成高砂または印旛日本医大での乗継時間の短縮を図り,利便性を向上させる.
 普通列車については,平日上りの印西牧の原発18時台の普通列車の運転時刻を1分繰上げ,京成高砂で京成本線からの特急京成上野行きと接続し,乗継時間を8分短縮する.また,アクセス特急と北総線普通列車の接続向上として,平日上りの印旛日本医大発20時台の普通列車の運転時刻を約5分繰上げ,印旛日本医大でアクセス特急から普通列車への乗継時間を6分短縮するほか,土曜・休日下りの印西牧の原駅8時台の回送列車(印西牧の原発印旛日本医大行き)を営業運転することで,終点の印旛日本医大で後続のアクセス特急成田空港行きへの乗継時間を11分短縮する.
 さらに,土曜・休日下り京成高砂駅発8〜9時台の運転間隔を調整し,利便性向上を図る.これにより,現行ダイヤでは,京成高砂駅において同時間帯の普通列車の運転間隔が19分〜26分だったが,今回のダイヤ修正でおおむね20分に均等化される.
 このほか,アクセス特急上り最終列車の成田空港の発車時刻が11分(22時49分発→23時00分発)繰り下げられる.この列車は,印旛日本医大で印西牧の原行きに,東松戸駅で北総線都心方面上り最終列車の西馬込行きに乗り換えが可能となる.これにより,より遅い時間帯に成田空港から都心方面および北総線各駅へのアクセスが可能となる.

写真:北総鉄道7500形  編集部撮影   印旛車両基地にて  2006-2-9(取材協力:北総鉄道)

掲載