佐川急便がJR貨物の「TOYOTA LONGPASS EXPRESS」を活用したモーダルシフト事業を開始

佐川急便がJR貨物の「TOYOTA LONGPASS EXPRESS」を活用したモーダルシフト事業を開始

佐川急便は,愛知県〜岩手県の宅配便幹線輸送について,JR貨物とトヨタ輸送が共同運行している「TOYOTA LONGPASS EXPRESS」を活用した異業種共同によるモーダルシフト事業の運用を,2017(平成29)年9月下旬から開始すると発表した.

 この事業は,通常トラック輸送で行なっている佐川急便の中部エリア(愛知県,岐阜県,三重県の一部)から東北エリア(青森県,秋田県,岩手県の一部)あての宅配便(31フィートコンテナ1台分)を,「TOYOTA LONGPASS EXPRESS」による鉄道輸送に切り替えるもの.これにより,トラック輸送にかかるドライバーの運行時間が,年間で1685時間省力化され,CO2排出量も年間83.5tが削減される.また,省力化と環境負荷低減を実現することが可能となることから,国土交通省が物流分野における省力化・環境負荷低減を推進するために2016(平成28)年10月に改正した「改正物流総合効率化法」の規定により,総合効率化計画として認定された.
 「TOYOTA LONGPASS EXPRESS」は名古屋南貨物—盛岡貨物ターミナル間の約900kmを結び,中京圏の工場で生産された自動車部品を,トヨタ自動車東日本の岩手工場まで輸送するトヨタ輸送専用の貨物列車で,2017(平成29)年1月の増便にともない,佐川急便が規定する配送所要時間で輸送可能となったことから,今回の異業種共同輸送が実現した.

写真:EH500がけん引する「TOYOTA LONGPASS EXPRESS」  巽 圭介撮影  新座にて  2017-8-5

掲載