土讃線で増結に向けた送込みが始まる

土讃線で増結に向けた送込みが始まる

JR四国では,2017(平成29)年8月8日(火),土讃線において,連休に向けた増結のための送込みが行なわれました.
 朝の“しまんと”1号にはN2000系の中間車2500形が組み込まれ,夕方の“しまんと”7号には通常2両編成のところにモノクラス編成の2両が増結される形になり,多度津駅では,併結列車の“南風”21号に連結されて,あわせて7両での運転となりました.

写真:多度津にて 2017-8-8

掲載