特急“宗谷”・“サロベツ”をキハ183系一般車が代走

特急“宗谷”・“サロベツ”をキハ183系一般車が代走

2017(平成29)年7月9日(日),特急“宗谷”・“サロベツ”に代走としてキハ183系一般車が充当されました.
 特急“宗谷”・“サロベツ”で運用されているキハ261系が,ブレーキ試験の際,車輪に傷が発生した影響により,7月8日(土)から7月15日(土)までの間,キハ183系「ノースレインボーエクスプレス」編成が充当される事が告知されていましたが,急きょキハ183系一般車5両に変更されました.
 キハ183系1550番台が先頭を務めましたが,同番台は,2017年3月の特急“サロベツ”運用撤退以来,4ヵ月ぶりのの宗谷本線入線で,赤字の特急幕も誇らしく,初夏の稚内へ向けて駆け抜けてゆきました.

写真:大麻にて 2017-7-9

掲載