近鉄名古屋線・志摩線で2両編成の臨時特急運転

近鉄名古屋線・志摩線で2両編成の臨時特急運転

近畿日本鉄道では,ゴールデンウィーク期間中に観光客の便宜を図るために,臨時特急を名古屋線〜志摩線で運転していますが,賢島21:16発の近鉄名古屋行き臨時特急は,近年では白子以南では設定がない2両編成での運転となりました.
 近鉄で特急列車が2両編成で運転されるのは,京都—橿原神宮前間の列車に連結される近鉄奈良への列車,南大阪線・吉野線の列車のほか,近鉄名古屋—湯の山温泉間で夏季に運転される“サマーライナー”および,名阪特急に大和八木駅まで連結される天理教関係や平城遷都1300年関係の臨時列車などしか,近年ではありません.
 2017(平成29)年4月29日(土祝)の賢島21:16発の近鉄名古屋行き臨時特急には,22600系22661(AT61)編成が充当されました.

写真:宇治山田にて 2017-4-29

掲載