C57 1が東海道本線を走行

C57 1が東海道本線を走行

2017(平成29)年2月22日(水),梅小路運転区所属のC57 1が,米原—木ノ本間で実施される試運転への送込みのため,下関総合車両所所属のEF65 1132にけん引され,スハフ12を伴車に東海道本線(琵琶湖線)を走行しました.
 しかし,途中で何らかの故障が発生したようで,草津にて運転打切りとなり,一度,野洲へ回送されたあと,梅小路に返却されました.
 JR西日本では,昨年2016年にも,本線試運転を行なうはずだったD51 200が今回と同じように送込み中にトラブルを起こして中止になっており,今後の動向が注目されます.

写真:守山にて 2017-2-22

掲載|JR西日本の記事一覧