『<鉄道>フォルムカードセット「日本の旅」第2弾(2種類)』発売

Facebookシェア
『<鉄道>フォルムカードセット「日本の旅」第2弾(2種類)』発売

コクヨグループのポスタルスクウェアでは,日本郵便と提携し,鉄道の車両と旅情あふれる景色をデザインした『<鉄道>フォルムカードセット「日本の旅」第2弾(2種類)』を発売しています.
 フォルムカードセット「日本の旅」シリーズは,2016(平成28)年3月に初めて発売されたもので,フォルムカード5枚とミニカードがセットになっています.
 フォルムカードは,実際の列車や風景資料を参考に,絵柄製作をしており,定形外郵便物として送付が可能です.
 また,台紙表面には絵柄イラストと簡単な解説が,中面にはカードになる前段階の下絵スケッチが,それぞれ掲載されています.
 なお,第2弾では,鉄道ファンなら誰でも一度は行きたい,または,行った事のある場所ばかりが厳選されています.

※各鉄道会社の商品化許諾済です.

カードの構成内容 ●「フォルムカード」5枚(170mm×133mm)
●「ミニカード」1枚(80mm×63mm)
※台紙表面には絵柄イラストと簡単な解説が,中面にはカードになる前段階の下絵スケッチが,それぞれ掲載されています.
販売価格 1セット1200円(税込)
販売部数 各3000セット限定
※郵便局によって,取扱い数は異なります.
販売場所 ●全国の郵便局(約300局,一部の郵便局および簡易郵便局は除く)
●オンラインショップ「郵便局のポスタルグッズ」
※販売郵便局の詳細については,「郵便局のポスタルグッズ」のページをご覧ください.
※「オンラインショップ」でお買い求めの際は,販売価格のほかに別途郵送料金が加算されます.
セット内容 ■Aセット...以下の各カードが1枚ずつ
・フォルムカード「錦川鉄道」
 錦川と鯉のぼり(山口県)をモチーフにしたイラスト
・フォルムカード「山形鉄道」
 朝日連峰と桜(山形県)をモチーフにしたイラスト
・フォルムカード「信楽高原鐵道」
 信楽駅と信楽焼(滋賀県)をモチーフにしたイラスト
・フォルムカード「函館市電(函館市企業局交通部)」
 八幡坂(北海道)をモチーフにしたイラスト
・フォルムカード「万葉線」
 立山連峰(富山県)をモチーフにしたイラスト
・ミニカード「函館市電(函館市企業局交通部)」
 相馬株式会社(北海道)をモチーフにしたイラスト
■Bセット...以下の各カードが1枚ずつ
・フォルムカード「えちぜん鉄道」
 恐竜と勝山駅(福井県)をモチーフにしたイラスト
・フォルムカード「のと鉄道」
 桜と能登鹿島駅(石川県)をモチーフにしたイラスト
・フォルムカード「井原鉄道」
 井原駅(岡山県)をモチーフにしたイラスト
・フォルムカード「小湊鐵道」
 菜の花(千葉県)をモチーフにしたイラスト
・フォルムカード「北越急行」
 八海山(新潟県)をモチーフにしたイラスト
・ミニカード「のと鉄道」
 桜と西岸駅(石川県)をモチーフにしたイラスト
ご案内 『<鉄道>フォルムカードセット「日本の旅」第2弾(2種類)』の販売について(「郵便局のポスタルグッズ」WEBサイト)
掲載