2月25日,京阪本線などでダイヤ変更

京阪3000系

京阪電気鉄道は,2017(平成29)年2月25日(土)初発列車から京阪本線・鴨東線,中之島線,交野線,宇治線 のダイヤを変更すると発表した.
 新しいダイヤでは,土休日ダイヤに運転し好評の快速特急「洛楽」について,平日ダイヤにおいても定期運転を開始する.快速特急「洛楽」は平日ダイヤ,土休日ダイヤとも全列車3000系車両での運転となる.また,平日ダイヤ,土休日ダイヤとも快速特急「洛楽」運転時間帯に淀屋橋発出町柳行き急行が運転され,八幡市,伏見稲荷,清水五条など,京都観光に便利な駅への利便性が向上する.また,「プレミアムカー」導入に向けた8000系の改造工事にともない,2月25日(土)から,すべての8000系が7両編成での運転となる.
 このほか,平日,土休日ダイヤとも,昼間時間帯において,中之島—萱島間の普通列車の一部の運転区間が中之島—枚方市間に延長され,枚方市における特急列車との接続が改善される.平日夕方ラッシュ〜夜間時間帯では,現在,中之島—樟葉間を約20分間隔で運転しているすべての快速急行列車の運転区間が淀屋橋—樟葉間に変更され,淀屋橋発の特急列車の混雑緩和が図られる.これにともない,一部の準急列車の始発駅が淀屋橋から中之島に変更され,18時台は約10分間隔で中之島発の準急列車が運転されることになる.

写真:快速特急「洛楽」に使用される3000系  編集部撮影  寝屋川車両基地にて  2008-6-27  (取材協力:京阪電気鉄道) 

掲載