東武鉄道で南栗橋検修庫の建設すすむ

Facebookシェア
東武鉄道で南栗橋検修庫の建設すすむ

東武鉄道では,2017(平成29)年の夏をめどに,日光・鬼怒川地区において蒸気機関車の復活運転を目指し,準備が進められています.蒸気機関車を受け入れるにあたり,南栗橋車両管区(埼玉県久喜市)に,各種検査を行なう南栗橋検修庫の新設工事が進められています.現在,建設も進み,南栗橋検修庫の姿が見えるようになりました.また,予定されている車両の受け入れなど,今後の動向が注目されます.

写真:南栗橋車両管区にて 2016-7-24

掲載