N700Aが営業運転を開始

N700Aが営業運転を開始

2013(平成25)年2月8日(金),JR東海のN700A(N700系1000番台)が営業運転を開始しました.
 下りの一番列車“のぞみ”203号(東京7:00発新大阪行き)にはG3編成が,上りの一番列車“のぞみ”208号(新大阪7:00発東京行き)にはG2編成が使用されました.一番列車の出発にあわせて,両駅では記念式典が開催されました.
 写真は,“のぞみ”203号で,静岡県内では富士山をバックに走る姿を見ることができました.

写真:新富士—静岡間にて 2013-2-8
投稿:中野 岳彦

関連情報

『鉄道ファン2013年4月号』乗車インプレッション

『鉄道ファン2013年4月号』乗車インプレッションでは,注目の最新形新幹線車両として,東海道・山陽新幹線でデビューを果たしたJR東海「N700A」,さらに,まもなく"スーパーこまち"として営業運転が開始される,JR東日本E6系の試乗記をお楽しみいただきます.
 「N700A」は,一見すると,既存のN700系との違いを見出すことがあまりできませんが,JR東海の車両課の方にお話をうかがいながら,じつはいろいろあった改良点を,松本典久さんが体験し,ご報告いたします.
 E6系も多くの最新スペックを備えた車両となっており,これらを野月貴弘さんに体験していただきました.

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

前の記事:千葉ニュータウン鉄道9200形が甲種輸送される
次の記事:相模鉄道11000系5両が,かしわ台へ