旧神岡鉄道「おくひだ1号」ふたたび

大正期に開業した馬車鉄道を起源とする神岡鉄道は,乗客の減少を理由に廃線となりましたが,今はその路線の一部でレールバイク「ガッタンゴー」が運営されています.奥飛騨のレジャー施設としてすっかり定着したこの路線で,このほど保存されていた「おくひだ1号」ことKM-101号気動車が,そのレールを通って移設された模様について伊原 薫さんがレポートしてくださいました.観光鉄道化を模索したときに計画された,めずらしい車両の写真は必見です!