Facebookシェア
府中街道

今回も南武線の沿線風景の移り変わりと,旧形国電からE233系に至る60余年の車両変遷を展開しています.かつてはナシ畑が点在し,武蔵野の風情がいっぱいだったローカル線区も,今は高架化が進み,沿線は宅地化して高層のマンションが建ち並ぶ中で,JR東日本の最新版E233系8000番台が主力として活躍しています.その南武線での大きな変化を,本編からたどってみてください.