Facebookシェア
府中街道

川崎から立川を結ぶ南武線は,首都圏の電車路線のなかでも旧形国電が最後の働き場所とするローカル線でしたが,それから半世紀を経てすべてが一変!JR東日本E233系最新版の8000番台が主力となることで,車両の入れ替わりが何かと話題を集めています.そこで,戦後から現在までの車両と沿線の変化をたどってみることとしました.これも筆者60余年の撮影キャリアを以ってして,初めて語ることができる一編です.