街の公共デザインを点検する 外国人にはどう見えるか

街の公共デザインを点検する

本書では,言語学,外国語教育の専門家が見た日本国内におけるサインプレート,つまり標識について論じられています.公共に掲示されている地域名やトイレ,バスや鉄道の乗り場などを示す案内板について見直しつつ,多くは街路の案内標示について記述されており,鉄道に関する記事は少数ではありますが,とても興味深く読み進めることができます.日本語を母国語とする日本人には難なく理解することができるサインも,外国人から見ればどう見えるか,また,同じ表記を海外ではどのようになされているのかなども述べており,知らず知らずのうちにページを繰ってしまいます.

著者本田弘之・岩田一成・倉林秀男(共著)
発行大修館書店
仕様四六判 206ページ
定価本体1800円+税
発売日2017年7月25日
購入する街の公共デザインを点検する 外国人にはどう見えるかをamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年1月号掲載| 大修館書店の記事一覧