全国鉄道事情大研究 東北・東部篇

全国鉄道事情大研究 東北・東部篇

東日本大震災から6年あまりが過ぎ,その後,東北地方の鉄道はどのように生まれ変わったのでしょうか.本書では,その現状を川島令三さんが取材,解説しています.路線別に現状のダイヤを概観する手法はこれまでと同様ですが,震災より前のダイヤと比べた記述もあり,BRT化された線区も含めて,今後の期待を込めた内容,展開でまとめられています.本書の対象となるのは,東北本線黒磯~盛岡間と,その東側に路線を有している各鉄道事業者の路線です.気仙沼線をはじめとしたBRTに転換された線区の実状はもちろんのこと,川島氏による具体的な提案などに興味を覚えました.

著者川島令三
発行草思社
仕様四六判 288ページ
定価本体1900円+税
発売日2017年10月12日
購入する全国鉄道事情大研究 東北・東部篇をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年1月号掲載| 草思社の記事一覧