RM LIBRARY 219 加越能鉄道加越線 -庄川水力電気専用鉄道-

加越能鉄道加越線

北陸本線(現,あいの風とやま鉄道線)の石動駅を起点として,富山県南西部,砺波地方を縦断していた加越能鉄道加越線について,本書では,その履歴,および,歴代の車両を一挙にまとめた一冊となっています.さらに,同線の終点,青島町(のちに庄川町と改称されます)に起点を置き,資材の運搬を目的として建設された路線,庄川水力電気専用鉄道線についても紹介されています.これらの路線についてここまで掘り下げた書籍は,ほかにあまり見かけません.私鉄を研究される向きは,ぜひ本書を所蔵しておいた方がよろしいでしょう.

著者服部重敬
発行ネコ・パブリッシング
仕様B5判 48ページ
定価本体1250円+税
発売日2017年10月20日
購入するRM LIBRARY 219 加越能鉄道加越線 -庄川水力電気専用鉄道-をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年1月号掲載| ネコ・パブリッシングの記事一覧