RM LIBRARY 211 可部線 波乱の軌跡

可部線 波乱の軌跡

平成15年11月,当時非電化となっていた可部~三段峡間が廃止された可部線ですが,今度は廃止となった区間を電化したうえで運転が再開され,注目を集めました.本書はこれを機会として刊行されたもので,鉄道の歴史について研究されているベテラン,長船友則さんが可部線の複雑な歴史を解き明かすといった内容になっており,軌道線だった時代から現在まで,目まぐるしいまでの可部線の足取りが浮き彫りにされています.あわせて,貴重な写真も見逃すことができません.

著者長船友則
発行ネコ・パブリッシング
仕様B5判 48ページ
定価本体1250円+税
発売日2017年2月21日
購入するRM LIBRARY 211 可部線 波乱の軌跡をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2017年5月号掲載| ネコ・パブリッシングの記事一覧