写真で綴る飯田線の旧型国電

写真で綴る飯田線の旧型国電

NEKO MOOK 2562.
119系の営業運転が開始される前の飯田線は,バラエティ豊かな旧標準形電車が集結し,「旧形電車の博物館」として,鉄道愛好者の注目を集めました.本書では,このとき同線で活躍した旧標準形電車について,さまざまな切り口から,当時のエピソードを交えて非常に詳しく解説されています.とくに,クモハ52形が消滅する前,昭和51年の時点で在籍した飯田線用の電車,全車の紹介の部分は,圧巻の一言に尽き,貴重な写真がふんだんに掲載され,各車両の形態の分類もなされている点は,本巻の特長となっています.巻末では,これらをモデルとした鉄道模型の車両が紹介されています.

著者宮下洋一
発行ネコ・パブリッシング
仕様A4変形判 202ページ
定価本体2963円+税
発売日2017年3月 3日
購入する写真で綴る飯田線の旧型国電をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2017年5月号掲載| ネコ・パブリッシングの記事一覧