朝日新聞社機が撮った 中央線の街と駅(1960〜1980年代)

中央線の街と駅(1960〜1980年代)

本書は,何十年も前に敢行された朝日新聞社の空撮による写真を中心として展開されるシリーズの一冊で,今回は中央線東京〜高尾間の各駅を対象として展開しているものです.現在のそれとは異なる駅の周辺のようすを見ていくことも楽しいですが,とうの昔に引退したなつかしい車両を探し出すこともまた一興です.

著者矢嶋秀一(文)朝日新聞社(写真)
発行フォト・パブリッシング
発売メディアパル
仕様B5判 128ページ(オールカラー)
定価本体2200円+税
発売日2017年6月22日
購入する朝日新聞社機が撮った 中央線の街と駅(1960〜1980年代)をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2017年10月号掲載| メディアパルの記事一覧