交通新聞社新書109 駅弁掛紙の旅 ―掛紙から読む明治~昭和の駅と町―

駅弁掛紙の旅

駅弁の掛紙を収集する方,いらっしゃいませんか.その歴史は非常長く,かつてはこの掛紙が広告媒体となっていたり,そこに名所の案内が刷られていることがあったようです.本書では,大正から昭和の初期あたりまでに発売された駅弁の掛紙をひも解くことで,当時の鉄道の事情や世相,観光地や街のようすを見ることができます.筆者は,国鉄,JR東日本,日本レストランエンタプライズに勤務され,駅弁の掛紙は,じつに1万枚以上を所蔵されているとのことです.駅弁の掛紙はカラーで掲載されており,こうした掛紙を眺めるだけでも十分に楽しむことができます.なお,本書は,『交通新聞』にて連載が続いているコラム「掛紙停車」に加筆,修正を加えたものとなっています.

著者泉 和夫
発行交通新聞社
仕様新書判 233ページ
定価本体900円+税
発売日2017年4月15日
購入する交通新聞社新書109 駅弁掛紙の旅 ―掛紙から読む明治~昭和の駅と町―をamazon.co.jpで購入する
■電子書籍(電子判)
※電子書籍の価格は取扱い店舗により異なります.
購入する交通新聞社新書109 駅弁掛紙の旅 ―掛紙から読む明治~昭和の駅と町―をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2017年7月号掲載| 交通新聞社の記事一覧