鉄道ミステリーの系譜 シャーロックホームズから十津川警部まで

鉄道ミステリーの系譜

交通新聞社新書102.「小説の中の鉄道」という観点から,ミステリーを軸にして,時代を追って著者と作品を紹介した一冊です.本書では,鉄道を舞台にした作品,鉄道を主題にした作品を「鉄道ミステリー」と呼んでいますが,現在で言う「ミステリー」の発祥である「探偵小説」から記述が始まります.一見するとつながりが感じられない「探偵小説(推理小説)」と「鉄道」ですが,本書を読み続けていくうちに,次第にその相関関係に気づかされます.また,日本の「鉄道ミステリー」は,正確無比な鉄道を持つわが国でなければなし得ないストーリーであるということを,本書で再確認しました.鉄道以外の観点から鉄道を眺めてみては,いかがでしょうか.

著者原口隆行
発行交通新聞社
仕様新書判 264ページ
定価本体800円+税
発売日2016年10月14日
購入する鉄道ミステリーの系譜 シャーロックホームズから十津川警部までをamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2017年2月号掲載| 交通新聞社の記事一覧