絶滅危惧鉄道 2017

絶滅危惧鉄道

本書は,まずは巻頭で,現在いろいろと厳しい状況下にあるJR北海道の路線や駅について徹底的に紹介されています.このなかには,留萌本線留萌~増毛間が,平成28年12月4日,その95年にわたる歴史に幕を下したときのようすが,詳細なルポにより誌面に展開されています.それに続き,その現状から近い将来廃線となることが危惧される路線が一挙に紹介されており,さらに,近い将来,その姿を見ることができなくなる恐れのある車両が一挙に紹介されています.本書を手に入れて,それらの路線や車両を絡めた旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうか.

発行イカロス出版
仕様B5判 114ページ
定価本体1600円+税
発売日2017年2月24日
購入する絶滅危惧鉄道 2017をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2017年5月号掲載| イカロス出版の記事一覧