地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み 関西(1) 阪神・阪急・京阪

地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み

これまで,東京圏の大手私鉄について,各社の誕生の経緯,その後の変遷を,鉄道や軌道に関する公文書,各時代の地形図とともに眺めるシリーズ本をこのコーナーで紹介しましたが,今回は,大阪圏の大手私鉄のなかから,阪神電気鉄道,阪急電鉄,京阪電気鉄道を取り扱ったものとなっています.これらの事業者は,日本全国の鉄道に多大な影響を及ぼすほどの功績を多く残したため,それぞれの歩みを眺めることで,近代の日本の姿がはっきりと浮かび上がることでしょう.

著者今尾恵介
発行白水社
仕様四六判 346ページ
定価本体2400円+税
発売日2017年3月29日
購入する地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み 関西(1) 阪神・阪急・京阪をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2017年6月号掲載| 白水社の記事一覧