2017年12月16日
工学院大学でオープンカレッジ鉄道講座「最近の中国高速鉄道の『復興』~世界のリーダー的地位を確立か~」開催

工学院大学では,2017(平成29)年12月16日(土)に,オープンカレッジ鉄道講座「最近の中国高速鉄道の『復興』~世界のリーダー的地位を確立か~」を開催します(要事前申込).

続きをみる

■「最近の中国高速鉄道の『復興』~世界のリーダー的地位を確立か~」
開催日時 2017(平成29)年12月16日(土)13時15分〜16時30分
※講義終了後に意見交換会開催(16時40分~18時).
会場 工学院大学 新宿キャンパス 28階 第1会議室
東京都新宿区西新宿1-24-2
会場への交通 JR・小田急・京王新宿駅下車,徒歩5分
講座内容 中国の高速鉄道は,今や,世界のリーダー的地位に近づいています.日本の新幹線が320km/hで運行しているのに対し,中国版新幹線の速度は350km/hで再び世界単独トップに返り咲きました.かつては日本とドイツの車両技術を使用していましたが,今や中国独自の技術を開発し,その技術の向上と路線建設スピードは日本をはるかに凌いでいます.
 今回は,北京交通大学の客員教授も務めた曽根悟氏(工学院大学特任教授)が,現地から得た情報と,長きにわたり世界の鉄道を研究してきた知見から,最新の技術情報を紹介します.
日程 ●「中国高速鉄道の概要」(13時15分〜14時45分)
●「最近の中国高速鉄道の『復興』」(15時〜16時30分)
※講座終了後,意見交換会(16時40分〜18時,要申込)も開催されます.参加希望の場合は,参加料1000円が必要です.
※詳しくはライトレールWEBサイト(PDFファイル)をご覧ください.
講師 曽根悟氏(工学院大学特任教授)
受講料 6000円(税込)※当日会場にてお支払いください.
申込み方法 工学院大学オープンカレッジ鉄道講座事務局(株式会社ライトレール)
 下記E-mailアドレスまで,講座名・氏名・所属・役職(参加は個人のお立場)を送付してください.
●E-mail:kogakuin@LRT.co.jp
ご案内

■関連記事の一覧

2017年12月13日掲載