道南いさりび鉄道で「夜景列車」運転

道南いさりび鉄道で「夜景列車」運転

道南いさりび鉄道では,車窓に映る函館山の横夜景や津軽海峡に浮かぶ「漁り火」,「船の灯り」などを鑑賞できるよう,区間限定で車内電灯を通常の蛍光灯から終夜灯(電球)に切り替える「夜景列車」を運行します.

写真:道南いさりび鉄道のWEBサイトから

実施日 2017(平成29)年
●11月29日(水)
●12月1日(金)~23日(土)までの金曜・土曜,24日(日)
実施列車・区間 ●函館16:24発木古内行きの上磯—札苅間
●木古内19:00発函館行きの札苅—上磯間
※実施車両は,進行方向後ろの車両(2両目)のみです.
※1両目は全区間を通常点灯し,2両目についても函館—上磯間は通常点灯となります.
※使用する車両は運転日によって異なります.
乗車料金 通常の運賃でご乗車できます.別途,特別料金などはありません.
注意事項 ●車内は自由席です.事前の座席指定などはありません.混雑時は着席できない場合もありますので,あらかじめご了承ください.
●車内では,道南いさりび鉄道社員が安全のため車内巡回や案内を実施します.
●運行上の異常時や緊急時,また運用上の都合により1両となる場合などは,減灯は中止となります.
●車内係員の指示に従わないなど,危険な行為や風紀を乱す行為が生じる場合は,減灯を中止する場合があります.
●減灯中止や悪天候による視界不良となっても,運賃などの払い戻しは行ないません.
●漁り火は漁業者の都合により出漁の増減があります.また,気象条件により見え方も異なります.
※このほかの注意事項は道南いさりび鉄道ニュースリリース(PDFファイル)をご覧ください.
ご案内 「夜景列車」の運行について(道南いさりび鉄道ニュースリリース)
2017年11月22日掲載|15日(金)の記事一覧