「ボンネット型特急電車をクハ489-501のデビュー姿に再現するプロジェクト」実施中

「ボンネット型特急電車をクハ489-501のデビュー姿に再現するプロジェクト」実施中

「ボンネット型特急電車保存会」では,クハ489-501の製造当時の姿に再現するための,事業費の一部を集めるプロジェクトを実施しており,この費用の一部を,クラウドファンディング(購入形資金調達)で募集しています.

募集先 Ready for のページ
記念品内容 ■支援額10000円
●サンクスメール
●車内リクライニングシートオーナー(5年間プレートを設置します)
・定員は56名,2人乗りの回転式座席が28台設置されています.
 プレートは,有効期間終了後,お礼状とともに,支援者に送付されます.
■支援額10000円(オリジナル鉄道アイテム3点セット)
●サンクスメール
●オリジナル「D型硬券」2枚(デザイン違い)
●クハ481初期形のクリアファイル2枚セット(デザイン違い)
●「雷鳥」「しらさぎ」オリジナル列車サボ1枚(表裏,ポリカーボネイト板半艶無耐水シート貼付仕上)
■支援額30000円
●サンクスメール
●運転室オーナー(5年間設置します)
・運転室内の座席やレバー類・扉などにメッセージプレートが貼られます.
 プレートは,有効期間終了後,お礼状とともに,支援者に送付されます.
■支援額30000円(オリジナル鉄道アイテム5点セット)
●10000円(オリジナル鉄道アイテム3点セット)の内容に加え,
●クハ489-501の展示用に国鉄時代の図面から製作したヘッドマークの透明板を2種進呈.
※ご要望に添った列車名をお渡しできない場合があります.
※ヘッドマークの外枠は含みません.
※約30種あります.ご応募の方にのみリストが用意されます.
■支援額100000円
●サンクスメール
●クハ481初期形を再現した際に製作した部品4点を進呈.
 バックミラー(左右2本),下部ヘッドライト(左右2個)
※1点限定です.
※取り外しスケジュールの都合で,2018(平成30)年3月ごろの発送になる場合があります.
■支援額3000円(オリジナル写真データA)
●サンクスメール
●10種類のヘッドマークを付けたクハ489-501の写真,2013年から2016年までに撮影されたデータを,CD-Rなどの記録媒体または圧縮ファイルでメール送信されます.
※撮影はすべてデジタル1眼レフ,JPEGデータ.
※参加3点まではすべて違うヘッドマークを確約,4点以上でイラストマークの写真も入ります.
■支援額3000円
●サンクスメール(オリジナル写真データB)
●10種類のヘッドマークを付けたクハ481初期形の写真,2017年に撮影されたデータを,CD-Rなどの記録媒体または圧縮ファイルでメール送信されます.
※撮影はすべてデジタル1眼レフ,JPEGデータ.
※参加3点まではすべて違うヘッドマークを確約.撮影スケジュールの都合で,2018(平成30)年3月ごろの発送になる場合があります.
■支援額5000円
●サンクスメール
●枕木にオーナープレートを設置(5年間設置します)
・クハ489-501が乗るレールには,30本以上の枕木が使用されています.
 プレートは,有効期間終了後,お礼状とともに,支援者に送付されます.
■支援額5000円
●サンクスメール
●運転席見学パスポート
 所有者が運転席で操作可能なプログラムは以下のとおりです(有効期限5年).
・実車汽笛吹鳴
・実車運転ハンドル操作(ユニット表示,ブレーキ表示が点灯します)
・車内放送(鉄道唱歌をはじめ,国鉄特急や急行能登などの実車オルゴールも作動します)
・乗降用ドアスイッチ操作(運転助士席側の側扉のみ)
・列車行先表示器回転(廃止された特急列車たちの行先表示を自動回転させます.操作取扱はスタッフが実施します.)
●オリジナル「D型硬券」2枚(デザイン違い)
●クハ481初期形のクリアファイル2枚セット(デザイン違い)
募集締切 2017(平成29)年10月31日(火)23時
ご案内 Ready for のページ
2017年9月14日掲載|9月の記事一覧