JR西日本 キハ122・127系

JR西日本 キハ122・127系

姫新線輸送改善事業にあわせて投入された新形気動車.
 キハ122系は1両単位での編成が基本の便所付き車両.もう一方のキハ127系は,2両単位からの編成が基本で,便所付きのキハ127形0番台と便所なしのキハ127形1000番台で2両編成を組む.
 車体はステンレス製で,腰部には赤トンボをイメージしたオレンジ,稲穂をイメージしたイエロー,透明感を出すためのアクセントとしてのホワイトからなる帯が配されている.
 室内は521系に似た雰囲気をもち,扉間に1+2列配置のクロスシートを,扉わきにはロングシートを備える.
 平成20年9月にそれぞれ1編成ずつの合計3両が新製され,今後,車両性能の確認試験や乗務員訓練などを行なった後,地上側の高速化工事完了に先立ち,2009(平成21)年春に営業運転を開始する予定.
(写真:松本 洋一)

鉄道ファン掲載情報
新車速報: 2008年12月号掲載
新車ガイド: 2009年1月号掲載
形式図: 2009年1月号掲載
そのほか: 2011年1月号|JR各社の新世代気動車の現況「JR西日本キハ122・127形」
JR西日本 キハ189系
JR西日本 521系
JR西日本 キヤ141系(写真:松本洋一)
JR西日本 キハ121形
JR東日本 キハE130系
JR四国 1500形
会津鉄道 AT-350形
関東鉄道 キハ5000形
平成筑豊鉄道 500形