JR東日本 E6系量産先行車

JR東日本 E6系量産先行車

東北新幹線用のE5系と併結,320km/hでの営業運転が可能な秋田新幹線用の新形車両として開発された.車体は13mにもおよぶロングノーズ形状とされ,さらに車体傾斜装置(新幹線区間で最大1.5度傾斜)も装備している.また,フルアクティブサスペンションも全車両に装備されている.このほか,主回路装置やブレーキ装置についても,性能向上と信頼性の確保が図られている.
 E6系では環境性能の確保や,バリアフリー設備の充実化を図るとともに,従来のE3系6両編成と同じ定員を確保するため,編成両数が7両(5M2T)とされた.
 車体外板は上部を茜色(あかねいろ),車体を飛雲(ひうん)ホワイトとし,腰部にはアローシルバーの帯が配されている.

鉄道ファン掲載情報
新車速報: 2010年9月号掲載
新車ガイド: 2010年10月号掲載
形式図: 2010年10月号掲載
折込写真: 2010年10月号掲載
JR東日本 E3系2000番台
JR東日本 E5系量産車
JR東日本 E5系量産先行車
JR東日本 E259系
JR東日本 E955形「FASTECH 360 Z」
JR東日本E954形「FASTECH 360 S」
JR東日本 E2系1000番台量産車
JR西日本・JR九州 N700系7000番台
JR東海・JR西日本N700系量産車