485系A-1+A-2編成が郡山総合車両センターへ

485系A-1+A-2編成が郡山総合車両センターへ

485系で唯一の国鉄特急色をまとっていたJR東日本仙台車両センター所属の485系A-1+A-2編成が,2016(平成28)年8月3日(水),車両基地のある仙台から東北本線郡山まで自力回送されました.今回の回送は,廃車を前提としたものと思われます.
 485系A-1+A-2編成は,2006(平成18)年3月に青森車両センターから仙台車両センターへ転属し,直後に,郡山総合車両センターで「あかべぇ」色となり磐越西線郡山—会津若松間で“あいづ”,“あいづライナー”として活躍.その後,2011(平成23)年6月に国鉄特急色に戻され,2016(平成28)年6月まで臨時列車や団体臨時列車として仙台支社管内の東北地方を中心に活躍しました.そして,6月18日(土)・19日(日)にラストランが行なわれ,その後は仙台車両センターで留置されていました.今回の廃車回送によりJR各線から国鉄特急色をまとった485系一般車編成は完全になくなることになります.

写真:岩沼—槻木間にて 2016-8-3

掲載