10月14日・20日・21日
「日光夜行号」運転

「日光夜行号」運転

東武鉄道と東武トップツアーズでは,2017(平成29)年10月14日(土)・20日(金)・21日(土)の3日間,浅草から東武日光まで深夜時間帯に臨時夜行列車「日光夜行号」を運行します.
 この列車は,浅草を23時55分に出発,途中,北千住・新越谷・春日部からも乗車できます.終点の東武日光駅から,専用バスで中禅寺温泉(日光自然博物館)・竜頭の滝・戦場ヶ原(三本松)・湯元温泉まで行くことができます.同列車は完全予約制で,乗車駅から東武日光までの往復割引運賃と往路の特急料金,湯元温泉まで運転するバスの往復運賃がセットになっています.
 2016(平成28)年に運転された「日光夜行号」や,「スノーパル23:55」などの臨時夜行列車では,300系が使用されてきましたが,今回は,100系「スペーシア」を初めて夜行列車として運転します.

写真:「日光夜行号」に使用される東武100系「スペーシア」のイメージ(東武鉄道・東武トップツアーズのニュースリリースから)

続きをみる

運転日 2017(平成29)年10月14日(土)・20日(金)・21日(土)
運転時刻 浅草23:55発→北千住24:10発→新越谷24:26発→春日部24:42発→東武日光2:16着
※東武日光駅到着後,3時半ごろまで列車内で仮眠ができます.
使用車両 100系「スペーシア」(6両編成)
募集人員 各日200名
旅行代金 浅草駅発着 大人7800円,子ども5200円(個室料金2590円)
プラン内容 ●乗車駅—東武日光間の往復乗車券(復路のみ2日間有効)
●往路(日光夜行号)の特急券
●湯元温泉までの往復バス
 往路は専用バス・復路は路線バスです.復路のみ2日間有効・同一方向に限り何度でも乗り降りできます.
※往路の専用バスは,東武日光4:00発→中禅寺温泉4:40ごろ→竜頭の滝4:55ごろ→赤沼5:00ごろ→湯元温泉5:15ごろ着の時刻で運転予定です(交通の状態によって,到着時刻が前後する場合があります).
●日光自然博物館の入館料・低公害バスの割引
●中禅寺湖機船の割引
●中禅寺金谷ホテルの日帰り入浴割引
●日光アストリアホテルの日帰り入浴割引
発売場所 東武トップツアーズ各支店
※9月14日から運転当日の17時まで発売します.
ご案内 日光の紅葉シーズンに、臨時夜行列車「日光夜行号」を運行します!(東武鉄道・東武トップツアーズ ニュースリリース/PDFファイル)
東武トップツアーズWEBサイト
2017年9月12日掲載